[インスタグラム]

是非フォロー してください(^^♪

励みになります。

くせ毛 カット メンズ ブログ

縮毛&うねりのメンズのくせ毛は、ショートカットがよく似合う!!

投稿日:

縮毛&うねりの強い男性のくせ毛

縮毛&うねりの強い男性のくせ毛。

悩む方にとっては、なかなかヘアスタイルが決まらなかったり、縮毛矯正してもまっすぐになりすぎてしまったりして、うまくいかないことが多いですよね。

 

全てのくせ毛の方の悩みをお客様の要望を踏まえつつ、解決したいと僕も思っているのですが、

正直なところ、男性の縮毛系の癖は、縮毛矯正やストレートパーマでまっすぐにすることはおすすめしません。

癖をうまく活かして、カットすることがベストだと思います。

 

何故なら、男性の縮毛系の癖は、髪が硬くハリがあり縮毛であるという要素が重なりあっているため、仮にストレートをしても、自然な丸みに作ることは難しいのです。

(↑どうしてもといわれれば、頑張りますし 実際は、行うこともありますが、僕個人の意見としては、癖を活かすほうがかっこいいと思います。)

 

これに関しては好みも、はいってくるところ ですが、あくまでも僕個人の意見ですけどね。

 

ということで、今日は、そんなくせ毛さんのくせ毛を活かしたbefore&afterです。

 

スポンサーリンク

 

くせ毛 before

1ヶ月前にカットしていますので、比較的まとまっていますが、重そうなのと、収まりが悪くなってきています。

 

サラリーマンはさっぱりヘアのほうが好印象ですから、周りを短くカットしつつ、癖の動きを使って、ビジネスに好印象なヘアスタイルにしていきます。

 

このお客様の髪の場合は、サイドはすっきりさせる場合、あまり切りすぎると地肌が透けすぎてしまうので、適度なバランスがひとつのポイントですね。

トップは、癖が曲がるポイントをうまく使うことで、まとまりやすくなります。

 

 

くせ毛 メンズ after

見事にさっぱりしましたね。

オールバックに自然にながれるようにカットして、さわやかビジネスマンの完成です!!

この長さなら、癖も気になりませんし、スタイリングも楽ちんです。

これで、伸びるまではくせ毛の悩みとはおさらばです!!

 

くせ毛は一つの個性

 

くせ毛のお悩みは、したい髪型にできないなど ある意味 コンプレックスになっていることが多いですよね。

でも、くせ毛だからこそできる髪型、でる動きというものもあります。

さんざんストレートパーマ(縮毛矯正)もしてきてる僕がいうのもなんですが、くせ毛も一つの個性として活かせるなら活かすがほんとは理想なのかなと思います。

これはこれで僕のおもいですが、

最終的には、ご本人の要望と、生活スタイルやスタイリング力。こういった点を踏まえて、くせ毛に対してアプローチしていきますので、様々な方法があります。

 

ブログでくせ毛を活かしたり、逆にくせ毛を伸ばしたり様々な方法をのせているのはそのためです。

 

何事も相談から。それがくせ毛にとっての最適な対策ですね。

2021年7月、8月、9月スケジュールのお知らせ

いつもTONI&GUYをご利用いただき誠にありがとうございます。 7月、8月、9月のスケジュールです。       グレーのところが、サロン不在日となります。 金 ...

続きを見る

最後 までお読みいただきありがとうございます。 

髪の毛のご相談→ご予約は公式LINEに友達追加後ご連絡下さい。

直接ご予約は、WEB予約からできます。指名担当で淺野をお選び下さい。

 

 

 

おススメ記事↓↓↓

  • この記事を書いた人

Takuya Asano/淺野卓矢

淺野 卓矢 TONI&GUY 原宿 / StyleDirector ロンドン発祥の老舗サロンTONI&GUYのStyleDirector/Hq Marketing Div. Manager。 16歳から美容業界に入り、現在22年美容に携わる。 顧客には、くせ毛の方をはじめとしながらも、ファッション関係や有名芸能人など幅広い客層の顧客を抱える。 ストレートパーマ(縮毛矯正)、くせ毛を活かしたカットなど、くせ毛に対して幅広い知識と経験をもつエキスパート。 「くせ毛マスター」として、日々サロンワークを行いながら、個人メディアにて情報発信を行う。美容学生や美容師向けの講習、一般紙、業界紙やヘアショー、ファッションショーなどマルチに活動している。 より詳しい自己紹介は下の家のマークをクリック

-くせ毛, カット, メンズ, ブログ

Copyright© TakuyaAsano.com 淺野 卓矢  くせ毛マスターのブログ , 2021 All Rights Reserved.