ブログ

筆を持つってあまりないですが、たまにはいいですね。書き初めしましたか?

投稿日:

書き初め

大人になると、しないという方のほうが多いのではないでしょうか?

 

僕も数年前まではしてなかったですが、最近では毎年、気合いを入れてやっています。

 

昨年も

のブログにも書いたように、行いました。

 

読んでもらえればわかりますが、宿題です(笑)

 

 

そもそも書き初めとは

書き初め(かきぞめ)とは、年が明けて初めて毛筆で書や絵をかく行事。通常は1月2日に行われる[1]。元は旧暦1月2日に行われた。吉書(きっしょ)、試筆(しひつ)、初硯(はつすずり)、筆始(ふではじめ)などともいう。

若水で墨を摺り、恵方に向かって詩歌を書く習慣があった。書く詩歌は「長生殿裏春秋富、不老門前日月遅」という漢詩がよく用いられた。もともとは宮中で行われていた儀式だったが、江戸時代以降庶民にも広まった。

書き初めで書いたものは左義長で燃やし、その炎が高く上がると字が上達すると言われている。

出典:wikipedia

だそうです。

1月2日やる風習で、この日に書くことが書道の上達につながるそうです。

 

書道の上達ねえ・・・・。

 

ぼそっ

「どうでもいいや」

あっ 思わず本音が

いやいや 字を書く機会が減ったこの時代には、字が美しいというのは 素晴らしいことではありませんか。

どうせやるなら 上達も願って書きますね。

 

書き初めで大事なのは言霊と気持ち

由来やらなんやら というよりも、 やはり大事なのはどんな言葉(字)を書くか?

言葉 とは 言霊 ともいいその漢字の通り

ことばには魂が宿る

と考えられてます。

だからこそ、かなえたいこと、達成したいことをしっかりイメージして、気持ちを込めて筆をすべらせるのが重要ですよね。

 

今年の僕の言霊は「共鳴」

辞書的な意味としては、

  • 他の人の考え方や行動に自分も心から同感すること。

なのですが、共に鳴くというように砕いて考えると、 共に鳴いて響かせる というイメージかな?

スタッフ同士で共鳴し、いい作用を周りへ広げていく。そんな感じでとらえています。

 

単純に、自分の行うことが人に伝わり、それが良い反応として、周りに影響を与えていく。

そして、その逆もしかり。

そんな風に 今年はしていけたらいいな と思います。

 

みなさんも たまには書き初めいかがですか?

1月2日は過ぎていますが、こんなのは気の持ちようです(笑)

今年1年の自分の目標、願いをしっかりと考えて書にする。

そんな時間をとってみるのも、とても有意義なことだと思います。

 

だってゴールがなければ、走っていけませんから。

 

とうことで また明日。

 

僕の書いた書き初めは 公開するのをためらってます(笑)

11月12月スケジュールのお知らせ

いつもありがとうございます。   11月、12月のスケジュールをお知らせします。   グレーのところが、サロン不在日となります。 申し訳ございませんが、サロン外での仕事のため、11 ...

続きを見る

くせ毛が扱いやすくなるならいくらかける???? (料金のお知らせ)

ふと思ったら、ここではあまり料金的なお話しってしてませんでしたね。 僕のカット料金は現在 税込8,860円です。 高いと思うか、安いと思うかは人それぞれ。 僕はその価値を感じてもらえるように、日々 お ...

続きを見る

~くせ毛マスター淺野卓矢の自己紹介~

 

くせ毛マスター 淺野卓矢 Takuya Asano /TONI&GUY AOYAMA

最後 までお読みいただきありがとうございます。 

 

髪の毛のご相談、お問合せは公式LINEより、ご連絡ください。↓↓

instagramfacebookはこちら

 

 

-ブログ

Copyright© TakuyaAsano.com 淺野 卓矢 TONI&GUY ディレクターのブログ , 2019 All Rights Reserved.