カラー ブログ

思わぬことが・・・。セルフカラーの落とし穴

投稿日:

色を入れるだけなら、セルフでできるでしょ

 

ちなみに、僕の話じゃ ないです。

この髪のお話しです。

彼女は、ハイトーンのカラーリングをしていました。

ハイトーンのカラーはどうしても、通常のカラーリングよりも、時間が経つと色がぬけやすいです。

特に、彼女のようなブリーチしてからのダブルカラーとかはね。

 

ということで、色をいれるだけなら 簡単でしょ と 市販のカラートリートメントみたいなもので、色をいれてみたらしいんですよ。

 

そしたらね、上の写真のように毛先のほうに変な緑がでちゃったんです・・・。

 

スポンサーリンク

今は、市販のカラー剤って結構豊富にそろっています。

あとハイトーンブームもあって(インナーカラーとか)

色味をいれるカラートリートメントやマニキュアみたいなのもバリエーションが増え、いろいろ市販でも手に入ります。

 

てっとり早く染めちゃえるし、安いし。

 

 

それが絶対に悪いとは言わないですが、僕はあまり、というか絶対、おすすめしません。

 

市販のカラー剤は誰が(素人が)染めても、それなりに染まるようになってます。

 

このそれなりに染まるようにというのがポイントで、結果として薬剤のパワーが無駄に強いんです。

 

だから 髪が傷んじゃったり、上の写真のように思わぬ落とし穴(変な色味)にはまってしまいます。

 

そして、この変な色味は、その後のカラーに悪影響がでてしまい望む色味をできないことがあるんです。

 

今回の彼女の場合もそう。今回サロンに来た際は、確かピンク系のカラーにしたかったのですが、緑が邪魔するのでできなかったんです。

 

カラーリストに無茶ぶりすれば、緑の残留色素をとって染めることもできなくはないんですが、髪のダメージが進行するリスクと、どんなもので染めたかで場合によっては、もっと変な色がでる場合があるリスクが存在してしまうため、

今回は、ワンクッションを置いて、グレージュカラーで染めるという選択をしました。

 

こんな仕上がりです。

担当は、カラーリストの水上くん。

 

このカラーが落ちるころには、残留色素もきれいに抜けるので、次回はやりたいカラーができるかな。

 

結果的に、綺麗なカラーにはなったのですが、自分で染めると、やりたいものをやることが困難になる場合がありますので、できたらあまりしないようにね(^^)/

12月、2020年1月のスケジュールのお知らせ

いつもありがとうございます。 今年も残るところあと1カ月ですね。 12月のご予約は、お早めにお願い致します。   12月と2020年1月のスケジュールをお知らせします。 グレーのところが、サ ...

続きを見る

~くせ毛マスター淺野卓矢の自己紹介~

 

くせ毛マスター 淺野卓矢 Takuya Asano /TONI&GUY AOYAMA

最後 までお読みいただきありがとうございます。 

 

髪の毛のご相談、お問合せは公式LINEより、ご連絡ください。↓↓

instagramfacebookはこちら

 

 

-カラー, ブログ
-, , ,

Copyright© TakuyaAsano.com 淺野 卓矢 TONI&GUY ディレクターのブログ , 2019 All Rights Reserved.