くせ毛 カット ブログ

ボブスタイルのまとまりの悪さはカットでおさめる。

投稿日:

ボブスタイルは相変わらず不動の人気ですが、スリークなスタイルであればあるほど、ちょっとしたはねや、暴れてしまう毛先が気になりますよね?

 

美容院では、綺麗にブローしてくれたけど、自分でやったらまとまらないし、むしろ余計にはねてしまう。

そんなことありませんか?

 

before

すこしご無沙汰のお客様で僕がカットするのは久しぶりです。

 

 

 

うわーくせ毛ってほどではないですが、こういうシンプルなスタイルでは毛先がやはり気になりますね。

まとまりが悪いのが見て取れます。

彼女は、後ろ(特にネープからミドルが)なんとなーくうねるくせ毛です。

実は、この毛先、もともとのくせによるものと、カットによって結果、新たに作り出されてしまったはねが混ざっている状態なのです。

 

こういった癖は、ストレートパーマなどしなくても 綺麗にカットすることで納めることができます。

以前に、「くせ毛の声を聴く」と言いましたが、それを考慮してカットをしていくのです。

ポイントはただ切るだけでなく、カットする際の引っ張り具合でも仕上がりが変わっていきます。

 

みなさん、 一般的にカットの際って、少し引っ張られる感覚があると思います。

 

綺麗にシェーピングして、左手で挟んで、シザーでカットする。

この3つの工程のやり方ひとつで、くせは収まりもするし、暴れもするのです。

このときに引っ張らないことが大事なポイントなのです。

なので、僕がカットするときは、頭がほぼ揺れません。

after

綺麗にはねが収まり、スリークなボブスタイルです。

ちなみに彼女のブローの際には ブラシ等は一切使っていません。

手グシで乾かしただけです。

 

このように、くせ毛の声を聴くことで、カットだけでも綺麗なボブになるのです。

 

これはボブスタイルだけでないし、ウェーブみたいに、くせが強くでる方でも、基本は同じです。

カットもこだわることが扱いやすいヘアスタイルになります。

 

2021年9月10月スケジュールのお知らせ

いつもTONI&GUYをご利用いただき誠にありがとうございます。 9月、10月のスケジュールです。       グレーのところが、サロン不在日となります。 金、土 ...

続きを見る

最後 までお読みいただきありがとうございます。 

髪の毛のご相談→ご予約は公式LINEに友達追加後ご連絡下さい。

直接ご予約は、WEB予約からできます。指名担当で淺野をお選び下さい。

 

 

 

おススメ記事↓↓↓

  • この記事を書いた人

Takuya Asano/淺野卓矢

淺野 卓矢 TONI&GUY 原宿 / StyleDirector ロンドン発祥の老舗サロンTONI&GUYのStyleDirector/Hq Marketing Div. Manager。 16歳から美容業界に入り、現在22年美容に携わる。 顧客には、くせ毛の方をはじめとしながらも、ファッション関係や有名芸能人など幅広い客層の顧客を抱える。 ストレートパーマ(縮毛矯正)、くせ毛を活かしたカットなど、くせ毛に対して幅広い知識と経験をもつエキスパート。 「くせ毛マスター」として、日々サロンワークを行いながら、個人メディアにて情報発信を行う。美容学生や美容師向けの講習、一般紙、業界紙やヘアショー、ファッションショーなどマルチに活動している。 より詳しい自己紹介は下の家のマークをクリック

-くせ毛, カット, ブログ

Copyright© TakuyaAsano.com 淺野 卓矢  くせ毛マスターのブログ , 2021 All Rights Reserved.