髪の毛のご相談、お問合せは公式LINEより、ご連絡ください。↓↓



カット くせ毛 ブログ

ボブスタイルのまとまりの悪さはカットでおさめる。

投稿日:

ボブスタイルは相変わらず不動の人気ですが、スリークなスタイルであればあるほど、ちょっとしたはねや、暴れてしまう毛先が気になりますよね?

 

美容院では、綺麗にブローしてくれたけど、自分でやったらまとまらないし、むしろ余計にはねてしまう。

そんなことありませんか?

 

before

すこしご無沙汰のお客様で僕がカットするのは久しぶりです。

 

 

 

うわーくせ毛ってほどではないですが、こういうシンプルなスタイルでは毛先がやはり気になりますね。

まとまりが悪いのが見て取れます。

彼女は、後ろ(特にネープからミドルが)なんとなーくうねるくせ毛です。

実は、この毛先、もともとのくせによるものと、カットによって結果、新たに作り出されてしまったはねが混ざっている状態なのです。

 

こういった癖は、ストレートパーマなどしなくても 綺麗にカットすることで納めることができます。

以前に、「くせ毛の声を聴く」と言いましたが、それを考慮してカットをしていくのです。

ポイントはただ切るだけでなく、カットする際の引っ張り具合でも仕上がりが変わっていきます。

 

みなさん、 一般的にカットの際って、少し引っ張られる感覚があると思います。

 

綺麗にシェーピングして、左手で挟んで、シザーでカットする。

この3つの工程のやり方ひとつで、くせは収まりもするし、暴れもするのです。

このときに引っ張らないことが大事なポイントなのです。

なので、僕がカットするときは、頭がほぼ揺れません。

after

綺麗にはねが収まり、スリークなボブスタイルです。

ちなみに彼女のブローの際には ブラシ等は一切使っていません。

手グシで乾かしただけです。

 

このように、くせ毛の声を聴くことで、カットだけでも綺麗なボブになるのです。

 

これはボブスタイルだけでないし、ウェーブみたいに、くせが強くでる方でも、基本は同じです。

カットもこだわることが扱いやすいヘアスタイルになります。

 

12月、2020年1月のスケジュールのお知らせ

いつもありがとうございます。 今年も残るところあと1カ月ですね。 12月のご予約は、お早めにお願い致します。   12月と2020年1月のスケジュールをお知らせします。 グレーのところが、サ ...

続きを見る

~くせ毛マスター淺野卓矢の自己紹介~

 

くせ毛マスター 淺野卓矢 Takuya Asano /TONI&GUY AOYAMA

最後 までお読みいただきありがとうございます。 

 

髪の毛のご相談、お問合せは公式LINEより、ご連絡ください。↓↓

instagramfacebookはこちら

 

 

-カット, くせ毛, ブログ

Copyright© TakuyaAsano.com 淺野 卓矢 TONI&GUY ディレクターのブログ , 2020 All Rights Reserved.