髪の毛のご相談、お問合せは公式LINEより、ご連絡ください。↓↓



カット カラー ブログ

ブリーチヘアだからできるペールピンクのショートヘア

投稿日:

ピンクヘアは、可愛い

ピンクと言えば女子はやっぱり大好きです。←偏見??

髪の毛もかわいいピンク色にしたいなー。

よくお客様に聞きます。

 

始めに言っておきます。こういうカラーはブリーチは必須です。

ネット調べると、ブリーチ無し 赤系とかブリーチなしピンクとかありますが、その情報はうのみにしないでください。

根本的に、ピンクのような薄い、淡い色は、ベースが明るくないとできません。

ベースの髪が、ブラウンの黒い状態だと、そもそも透け感がでないですからね。

 

一般のかたでもわかりやすく言うと、黒い紙にピンク色を塗ってもうまくでません。

白い紙にピンク色を塗るとうまく色が出ますよね。

じゃぁブラウンだとどうなるか?

まぁ その間です。

 

ということで、ブリーチは必須です。

スポンサーリンク

ブリーチ=ダメージ これはやり方次第で結果が大きく変わります。

今回のbefore ブリーチを繰り返している髪です。

今回は根元のリタッチを行ってから、ピンクのカラーを入れていきます。

ブリーチというと、ものすごく痛む、ダメージするというイメージがありますが、彼女の場合はコンディションは良いです。

これは、ケアブリーチというもので行っているからです。

もちろん痛まないわけではありません。

ですが、髪質に合わせて適切な方法でブリーチを行うことで、不必要なダメージは防げます。

※ちなみにケアブリーチというのは、ダメージケアしながらブリーチしているだけで、同じメニュー名でもサロンによってやり方などもまったく違います。

 

ペールピンク×ショートヘア

適切にケアをしながらベースコントロールした髪に、カラーをのせることで綺麗なペールトーンのヘアになります。

始めにこのくらいのピンクで仕上げておくと、色落ちとともに、よりきれいなペールトーン(淡い色)になっていきます。

その日限りよりも、少しでも長い期間カラーを楽しみたいですからね。

こういったカラーの場合は、カットは極力シンプルに作ります。

カラーデザインで十分ヘアスタイルが引き立っていますからね。

ちなみに彼女は、硬毛×かなりの多毛 なので、柔らかくあまり重く見えないようにはカットしています。

ブリーチだからこそできるデザイン

今回のカラーはブリーチのベースがあるからできるデザインです。

ネット上を見ていると、ブリーチしてないとか、痛まないとか、いろいろ書いているヘアデザインやヘアカラーがあります。

一般の方は、それがほんとうにブリーチしているかどうか?なんてわかりません。

そんなの、美容師が勝手に書いてるだけです。ほんとかウソかなんて・・・。見る人がみればわかりますけど。

あとは、パーマもよくありますよね。明らかにカールアイロンで巻いてるのに、パーマとか。

そういうのに、振り回されると疲れちゃうし、こんなはずじゃなかったってなります。

 

理想は、やっぱり信頼している美容師さんと相談して施術していくことでしょう。

やりたいデザインがあるなら、このためには何が必要か、しっかり話して、お気に入りのヘアスタイルを手に入れてくださいね。

 

12月、2020年1月のスケジュールのお知らせ

いつもありがとうございます。 今年も残るところあと1カ月ですね。 12月のご予約は、お早めにお願い致します。   12月と2020年1月のスケジュールをお知らせします。 グレーのところが、サ ...

続きを見る

~くせ毛マスター淺野卓矢の自己紹介~

 

くせ毛マスター 淺野卓矢 Takuya Asano /TONI&GUY AOYAMA

最後 までお読みいただきありがとうございます。 

 

髪の毛のご相談、お問合せは公式LINEより、ご連絡ください。↓↓

instagramfacebookはこちら

 

 

-カット, カラー, ブログ

Copyright© TakuyaAsano.com 淺野 卓矢 TONI&GUY ディレクターのブログ , 2020 All Rights Reserved.