think ブログ

僕が美容師になろうと思った理由。前編 [くせ毛マスターのブログ] 

投稿日:2019年6月3日 更新日:

たまにはこういうのもいいかな。

くせ毛マスターになるそれよりも前にまず、僕は美容師になるという決断をします。

その理由を前後編で書いていこうかなと思うので 興味ある方はよんでくださいね。

なんとなく美容師っていいなー

僕が美容師になろうと思ったのは 中学三年生の頃気づいたら、美容師になりたいなーって思ってました。

特に理由なんてないんです。

今考えても、なぜそう思ったのかわかりません。

あえて言うならば、

3兄弟の次男の僕ですが、2つ上の兄よりも先にヘアスタイルやおしゃれに興味を持ち、スタイリング剤を使い始めたということが起因しているのだと思います。

夢はJリーガー

美容師になろうって決めるまえは、Jリーガーになるのが夢なサッカー小僧でした。

小学生から、毎日サッカーに明け暮れ、中学では副キャプテンを任されるようにまでなってましたからね。

サッカーを始めたのは 父親の影響ですね。

父は、ラグビーをやっていて、その影響でラグビーボールを蹴らされて・・・。

蹴り始めたら サッカーになってました ()

おしゃれに興味を持ったのは この サッカーがきっかけですね。

当時 Jリーグが始まり、サッカーブームが訪れ TVでもひっきりなし。

サッカー=おしゃれ、かっこいい

の図式が成り立つ状況だったと思います。

また、サッカー部の友達もおしゃれなやつらばっかりでしたから、完全にその影響です。

出身の滋賀県にはおしゃれな服がなく、せっせっと京都の古着屋などに通ってました。

夢破れる

といってもたいしたことないんです。

中学2年生ごろですかね。現実を見るようになったのです。

当時、チームでもレギュラーにはなっていましたが、正直、俺みたいなのは巨万といるって現実を見つめはじめたのです。 

やべっ、将来どうしよう・・・。

これがほんとの気持ちでした。

そんなときに、おしゃれや、ヘアスタイルに興味をもっていたので 自然と

美容師っていいなー

って気持ちになってました。

親の猛反対(ちょっと過激な表現してますので あしからず)

そんなこんなで美容師になりたいってなんとなく思ってた僕は、中学三年生で進路を決めるころには、

高校なんていかない。美容学校にいくと親に断言。

子供のころから、潔癖症気味だった僕を知っている親は猛反対。

お前が、美容師なんて 無理。 人の一番汚いところの一つの髪を扱う仕事は無理。

そう言われました。

(田舎の方とか、年配のかたならなんとなくこの言葉の意味 雰囲気わかりますよね?)

カリスマ美容師ブームが始まるまえのこの時代は 

美容師はヤンキー上がりがなる仕事

3kの仕事

といったイメージがあったように思います。

世間体もあるから高校でてくれ 

こんなニュアンスのことを言われました。

仕方なく高校進学へ

親の反対を押し切れるわけもなく、

大学進学率95%以上の、地元の進学校へ 思いとは裏腹に進むことになった僕は、入学早々の進路調査でやらかします。

進路希望    美容学校 

世の中うまく生きてく なんて言葉のしらないこのころの僕は、無謀にもこう書きました。

もちろん 担任の先生は 激怒 です。

自慢ではないですが、そこそこ勉強ができたので、期待を裏切る生徒を やってしまうのです。

さらに、世間体で高校きましたっていいました() 

もし進路がかわっても、大学いけるように勉強しまーす。

が精一杯の大人へのごますりでした。

ここまでが、高校入学編まで です 。

なんとなく美容師になろうと思った僕は、親の反対を押し切れるだけの理由もなく ただなりたいの一点張り。

ここから、親は反対どころか 最終的に応援してくれるまでになることをしていきます。それは、僕自身の美容師になる本当の理由も見つけさせてくれました。

僕が美容師になろうと思った理由。後編[くせ毛マスターのブログ]

​​ 昨夜の続きです。 なんとなく美容師になろうと思った僕は、親の反対を押し切れるだけの理由もなく ただなりたいの一点張り。 ここから、親は反対どころか 最終的に応援してくれるまでになることをしていき ...

続きを見る

6,7月スケジュールのお知らせ

  いつもありがとうございます。   6,7月のスケジュールをお知らせします。   グレーのところが、お休みもしくは、外部講習、撮影となっております。   最上 ...

続きを見る

くせ毛が扱いやすくなるならいくらかける???? (料金のお知らせ)

ふと思ったら、ここではあまり料金的なお話しってしてませんでしたね。 僕のカット料金は現在 税込8,860円です。 高いと思うか、安いと思うかは人それぞれ。 僕はその価値を感じてもらえるように、日々 お ...

続きを見る

~くせ毛マスター淺野卓矢の自己紹介~

 

くせ毛マスター 淺野卓矢 Takuya Asano /TONI&GUY AOYAMA

最後 までお読みいただきありがとうございます。 

 

髪の毛のご相談、お問合せはLINE@より、ご連絡ください。↓↓

instagramfacebookはこちら

 

 

-think, ブログ

Copyright© TakuyaAsano.com 淺野 卓矢 TONI&GUY ディレクターのブログ , 2019 All Rights Reserved.