[インスタグラム]

是非フォロー してください(^^♪

励みになります。

くせ毛 カット ストレートパーマ(縮毛矯正) ブログ

カットでどうにもならないくせ毛の悩みなら、スムージングストレートパーマ  

投稿日:2021年7月3日 更新日:

 

 

くせ毛といっても人それぞれ。

カットでおさまる場合もあれば、ストレートパーマ(縮毛矯正)せざるおえない髪があるのも事実です。.

くせ毛の方だと、扱いやすいさらさらストレートヘアは憧れですよね。

 

そんなことを言っている僕自身は直毛ですが、直毛は直毛で悩みがあり、髪に悩むってことに関してはよくわかりますよ。

美容師なのでいろんな髪にふれていますしね。

 

だから、安心してください。

くせ毛のかたの悩みもよーくわかっています。

.

ということで、今日ご紹介のお客様

 

before

 

一見、あまり癖がないように見えるのですが、

髪が伸びて落ち着いてるだけで、カットするとわかりやすく癖が出てくる髪質です。

 

 

カット後

 

 

あんまり安請け合いしてカットすると美容師があせってしまうパターンのくせ毛です。

 

こういうくせを見ると髪質の見極めはとても大事なことがわかりますね。

 

この状態から、

スムージングストレートパーマをして、きれいなボブに仕上げていきます。

 

 

どうやって自然なストレートにしていくかというと、少しマニアックな話になりますが、ポイントは、薬剤反応と、ブローとアイロン操作。

この3つです。

 

ちなみに始めて僕のストレートパーマを体感する方は、ブローとアイロン操作でかなり驚かれます。

 

引っ張り具合い(テンション)の強さが全然違うからです。

一般的なストレートパーマ(縮毛矯正)のされている感じとはまったく異なり、あまり引っ張られる感覚がないと思います。

 

これは技術の習得がすごく難しいんです。だから誰でもできるというわけではありません。

 

そして、美容師さんの特性を考えると、向き不向きもあります。

 

できない人は正直いくらやってもできるようになりません。(いい美容師悪い美容師とかそういうことではなく単純に特性の問題です)

 

だから、マニュアルにはできないので、一般的ではないというのが正解です。

 

そんな僕がこだわってるストレートパーマですが、お客様にとっては仕上がりがすべてです。

 

僕の、こだわりなんてどうでもいいわけです

 

ということで、仕上がりです。

after

 

手グシでブローしただけの状態です。

こんなに綺麗になるんです。

 

どうにもこうにもくせ毛がおさまらない、カットではうまくくせ毛がおさまらないという方は、お気軽にご相談くださいね。

 

2021年8月9月10月スケジュールのお知らせ

いつもTONI&GUYをご利用いただき誠にありがとうございます。 8月、9月、10月のスケジュールです。       グレーのところが、サロン不在日となります。 ...

続きを見る

最後 までお読みいただきありがとうございます。 

髪の毛のご相談→ご予約は公式LINEに友達追加後ご連絡下さい。

直接ご予約は、WEB予約からできます。指名担当で淺野をお選び下さい。

 

 

 

おススメ記事↓↓↓

  • この記事を書いた人

Takuya Asano/淺野卓矢

淺野 卓矢 TONI&GUY 原宿 / StyleDirector ロンドン発祥の老舗サロンTONI&GUYのStyleDirector/Hq Marketing Div. Manager。 16歳から美容業界に入り、現在22年美容に携わる。 顧客には、くせ毛の方をはじめとしながらも、ファッション関係や有名芸能人など幅広い客層の顧客を抱える。 ストレートパーマ(縮毛矯正)、くせ毛を活かしたカットなど、くせ毛に対して幅広い知識と経験をもつエキスパート。 「くせ毛マスター」として、日々サロンワークを行いながら、個人メディアにて情報発信を行う。美容学生や美容師向けの講習、一般紙、業界紙やヘアショー、ファッションショーなどマルチに活動している。 より詳しい自己紹介は下の家のマークをクリック

-くせ毛, カット, ストレートパーマ(縮毛矯正), ブログ
-, , , ,

Copyright© TakuyaAsano.com 淺野 卓矢  くせ毛マスターのブログ , 2021 All Rights Reserved.