髪の毛のご相談→ご予約は公式LINEに友達追加後ご連絡下さい。

直接ご予約は、WEB予約からできます。指名担当で淺野をお選び下さい。

 

 

 

5月7日営業再開のお知らせ 

営業再開のお知らせ 緊急事態宣言開始から、状況を踏まえ休業しておりましたが、この度、5月7日より営業再開する運びとなりました。 まだまだ、予断は許さない状況ですが、しっかり対策をして営業させて頂きます ...

続きを見る

カラー ブログ メンズ

メンズをクールに決めるブルー!! アッシュカラーからブルーブラックまでのバリエーション。

投稿日:

 

ブルー系のカラーはメンズには最強のヘアカラー

ブルー系(アッシュ系)のカラーリングは、メンズには最強のヘアカラーです。

何故かって?

クールでかっこいいイメージにはもってこいだから!!

寒色といわれる色味であるブルー(アッシュ)は、その名の通り クールに見えるし、引き締め効果もあるので、男度を上げてくれます。

何を かくそう僕自身が、一番好きっていうのもポイントですけどね(笑)

今日は、そんなブルー系の色を紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

ブルー系の異端児 ブルーブラック

このブログでも、一番検索からの訪問が多い下の記事↓

明るくするだけがカラーじゃない。ブルーブラックで、クールにかっこよく。

Contents1 男らしさが上がるブルーブラック2 ブルーブラックの効果3 ブルーブラックの注意点4 今日のbefore&after5 まとめ 男らしさが上がるブルーブラック ここ最近、メン ...

続きを見る

改めて、写真を載せましょう。

黒光りするようなブルーブラックは、ブルー系というよりも ブラック系といったほうが正解かもしれませんが、ただの黒染めでなく深い青が入ることで、よりかっこよく見せてくれるカラーですね。

一味違うカラーにしたい方におすすめです。

 

アッシュシルバー

ブルーブラックのような深いカラーとは異なり、こちらは繊細なカラーです。

ブリーチオンカラーのダブルカラーをして初めてだせる繊細なカラーのアッシュシルバー。

ただの一色に染めるのではなく、ハイライトを利用して、シルバーとアッシュブルーのコントラストをうまく作るのがとてもお洒落です。

 

ブルーと ちょっとブラック

こちらは、最初に紹介したブルーブラックとは違ったブルーとブラックのコントラストが活きたカラーです。

黒光りするほどのこいブルーではなく、ブルーとぱっと見でわかるくらいの加減でいれつつ、ローライトでベースはより深いブルーブラックでメリハリをつけたカラーです。

より色味が強く出るので、はっきりわかるブルーをしたい方にはおすすめですね。

 

ブルーとブラックそしてシルバーの相性は抜群。

ブルー(アッシュ系)のカラーをやる際には、一色ではどうしてもつまらない。

上の写真などのように、シルバーやブラックでうまくコントラストをつけて共存してくのが、一番おすすめです。

とっても相性がいいこれらのカラーは、どうやってもかっこよくなる 魔法のカラーでもあります。

やっぱりメンズはかっこよく見せなきゃね。

 

こだわりのカラーはカラーリストがいるからこそ成功する。

ここまで読んだあなたは、カラーをきっとしたくなるはず。

だけど、カラーって簡単そうで意外と思いどおりに行かないんですよね。

特にブリーチをつかったブリーチオンカラー(ダブルカラー)なんかは失敗が多いのではないでしょうか?

 

そんなときに強い見方がカラーリスト。

カラーのスペシャリストのカラーリストは、いとも簡単にやってのけてくれます。

(だってこれだけでメシ食ってんだから(笑))

 

ということで、こういうカラーやりたい方は、最適なカラーリストをご紹介させていただきますので、お気軽にご連絡くださいね。

僕はカラーしませんので(笑)

 

instagram @takuya.asano

淺野卓矢の自己紹介

Contents1 はじめまして2 得意な技術3 どんなスタイルが得意か?好きか?4 プロフィール5 ブローの練習が大っ嫌いでした(笑)6 最後に はじめまして このブログtakuyaasano.co ...

続きを見る

くせ毛マスター 淺野卓矢 Takuya Asano

/TONI&GUY AOYAMA

最後 までお読みいただきありがとうございます。 

 

髪の毛のご相談→ご予約は公式LINEに友達追加後ご連絡下さい。

直接ご予約は、WEB予約からできます。指名担当で淺野をお選び下さい。

 

 

 

 

-カラー, ブログ, メンズ
-, , , ,

Copyright© TakuyaAsano.com 淺野 卓矢 TONI&GUY ディレクターのブログ , 2020 All Rights Reserved.