カット くせ毛 ストレートパーマ(縮毛矯正) ブログ

スムージングストレートパーマで綺麗なボブに!!

投稿日:2019年5月15日 更新日:

くせ毛 before

くせ毛マスターの淺野卓矢です。

細毛&うねりの強いくせ毛

細毛とうねりの組合わせのくせ毛の方は、ストレートパーマ(縮毛矯正)って、相性悪いですよね?

まっすぐになりすぎてしまったり、ボリュームがなくなってしまったりと、苦い経験がある方も多いのではないでしょうか?

そうなってしまうのって、理由があるって知ってました?

今日は、それも含めてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

まずは、beforeから

細毛&うねりのくせ毛 before

見ての通りのくせ毛さん。

根本が約3ヶ月から4ヶ月くらいです。

毛先は、カラーとの組合わせもあってダメージして来ています。

こういったタイプのくせ毛さんは、髪のダメージが顕著に出やすいんです。

本来なら根本のリタッチストレートパーマがベストですが、それだけでは、綺麗にはなりません。

根本がいくら綺麗でも、毛先が汚くてはもともこもないですから。

だから、毛先は栄養分を入れながら、ストレートパーマと同時にケアしていきます。

もちろんカットもします。

 

薬剤とアイロンコントロールが仕上がりを決める。

細毛のストレートパーマ(縮毛矯正)において、仕上がりを分ける第一要素が薬剤です。

薬剤の強さ、濃度(還元剤の種類)だけでなく、油分量も含めて選定します。

ちょっとマニアックなお話ですが、一般的に縮毛矯正やストレートパーマ剤には油分量が多目のものが多いのですが、それは、髪の収まりをよくするためでもあります。

しかし、細毛の方にこの薬剤を使うと、ボリュームが全く出ません。

重いですから。

細毛の方ってボリュー出すためにはシャンプーから、それに合わせたものが必要なのですが、髪がすでに重ければもともこもないわけです。

だからこそ、薬剤の強さだけでなく、油分量まで含めてコントロールしなければいけないのです。

 

そして、二番目がアイロンコントロール。

よく僕がストレートアイロン使っていると、初めての方は、引っ張らなくていいの?って聞かれます。

これも重要なポイントで、引っ張るアイロン操作が一般的なマニュアルなのですが、それでは綺麗にはならないし、ボリュームもなくなってしまうのです。

 

アイロンのポイントは、引っ張る力×プレス圧力×熱量。このバランスなのです 。

これは口頭では説明が難しいのですが、単純に正しくアイロンしていれば、されているがわは、気持ちよくて寝れる(笑)レベルです。

 

と、まぁ、この二つが大事なわけです。

スポンサーリンク

細毛&うねりのくせ毛 スムージングストレートパーマ after

仕上がりを後、カットもして完成です。

自然なボリュームがでた綺麗なボブですね。

一つ一つのくせ毛という素材に合わせた施術が、仕上がりに大きく影響するストレートパーマ(縮毛矯正)。

オートクチュールな施術が、あなたの髪を綺麗にしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8,9,10月のスケジュールのお知らせ

いつもありがとうございます。   8,9,10月のスケジュールをお知らせします。   グレーのところが、サロン不在日となります。   最上部が、僕のスケジュール、中段、下 ...

続きを見る

くせ毛が扱いやすくなるならいくらかける???? (料金のお知らせ)

ふと思ったら、ここではあまり料金的なお話しってしてませんでしたね。 僕のカット料金は現在 税込8,860円です。 高いと思うか、安いと思うかは人それぞれ。 僕はその価値を感じてもらえるように、日々 お ...

続きを見る

~くせ毛マスター淺野卓矢の自己紹介~

 

くせ毛マスター 淺野卓矢 Takuya Asano /TONI&GUY AOYAMA

最後 までお読みいただきありがとうございます。 

 

髪の毛のご相談、お問合せはLINE@より、ご連絡ください。↓↓

instagramfacebookはこちら

 

 

-カット, くせ毛, ストレートパーマ(縮毛矯正), ブログ
-, , , , , ,

Copyright© TakuyaAsano.com 淺野 卓矢 TONI&GUY ディレクターのブログ , 2019 All Rights Reserved.